「専門サービス 」を表示中

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月20日(火)

    交通事故・リビングトラスト・遺産相続・不動産・ビジネス上のトラブル・会社法・雇用法 ・民事訴訟 ・Notary (公証) - 日本の相続や年金申請に必用なサイン証明・居住証明など

    交通事故・人身事故

    交通事故や転倒事故、または傷害事件などによる怪我や後遺症などでお悩みではありませんか?損害賠償は、治療費や休業補償だけでなく、事故を原因とする精神的苦痛などの目に見えない損害に対しても請求が出来ます。しかしその場合少しでも保険金の支払いを安く見積もろうとする保険会社との交渉が必要になります。そんな時には幅広い専門知識を持つ経験豊富な弁護士に依頼をすることが問題解決への一番の近道です。

    賠償金請求の手続きは完全成功報酬制のため弁護費用はすべて賠償金によって清算されますので、事前に費用をご準備頂く必要もありません。賠償が受け取れない場合には費用は一切かかりません。必要に応じて日本語が通じる医療機関の紹介も可能です。お気軽にお問合せください。

    o 交通事故(自動車・オートバイ・自転車・歩行者)
    o ゴルフ場やショッピングセンターなどの商業施設や公共の場での怪我
    o 他人の飼い犬に噛まれるなど、ペットによる怪我
    o 建造物の整備不良または安全管理の不備による怪我など
    o 保険会社との交渉の代行

    リビングトラスト(エステートプラン - 米国内の遺産相続計画)
    カリフォルニア州では資産が一定額を超える場合、遺言書を残しておくだけでは家族に財産を残すことが出来ません。遺産相続には裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられており、日本の相続とは大きく異なります。資産を守り、円滑な相続をするためには、専門知識を持つ弁護士に依頼し、リビングトラスト・遺言書・財産及び医療行為に関する委任状から構成されるエステートプランを作成し、家族が困らないようにしておくことがとても大切です。弊社の弁護士は、これまで1000件以上のエステートプランを作成した幅広い知識と経験を持っております。リーズナブルな定額プランをご用意していますのでお気軽に日本語でお問合せください。顧客の皆様のそれぞれのご事情に寄り添った丁寧なサービスを提供しています。

    契約書作成・ビジネス上のトラブル(不動産・雇用法・会社法)
    o 不動産関連法
    o ビジネス
    o 会社法
    o 雇用法
    o 民事訴訟全般

    NOTARY(公証)サービス: 一般的なNOTARYの他に日本語の書類にも即日又は週末も対応可。
    o 日本の遺産分割協議書などに必要なサイン証明・居住証明・帰化証明など
    o 年金受給申請関連書類や内容証明書が必要な文書
    o お得なレートでFedExによる日本への郵送代行。

    日本語・中国語・スペイン語でご相談頂けます。

    *Paralegals and Notary cannot provide legal advice/パラリーガル及び公証人が法的アドバイスをすることは州法で禁じられています*

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月14日(水)

    交通事故・リビングトラスト・遺産相続・不動産・ビジネス上のトラブル・会社法・雇用法 ・民事訴訟 ・Notary (公証) - 日本の相続・年金申請に必用なサイン証明・居住証明など

    交通事故・人身事故

    交通事故や転倒事故、または傷害事件などによる怪我や後遺症などでお悩みではありませんか?損害賠償は治療費や休業補償だけでなく事故を原因とする精神的苦痛などの目に見えない損害に対しても請求が出来ます。しかしその場合少しでも保険金の支払いを安く見積もろうとする保険会社が提示する補償額が不十分なことは珍しくありません。そんな時には幅広い専門知識を持つ経験豊富な弁護士に交渉を依頼をすることが問題解決への一番の近道です。賠償金請求の手続きは完全成功報酬制のため弁護費用はすべて賠償金によって清算されますので、事前に費用をご準備頂く必要もなく、賠償が受け取れない場合には費用は一切かかりません。必要に応じてキャッシュレスでの診察に対応してくれる日系の医療機関の紹介も可能です。お気軽にお問合せください。

    o 交通事故(自動車・オートバイ・自転車・歩行者)
    o ゴルフ場やショッピングセンターなどの商業施設や公共の場での怪我
    o 他人の飼い犬に噛まれるなど、ペットによる怪我
    o 建造物の整備不良または安全管理の不備による怪我など
    o 保険会社との交渉の代行

    リビングトラスト(エステートプラン - 米国内の遺産相続計画)
    カリフォルニア州では資産が一定額を超える場合、遺言書を残しておくだけでは家族に財産を残すことが出来ません。遺産相続には裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられており、日本の相続とは大きく異なります。資産を守り、円滑な相続をするためには、専門知識を持つ弁護士に依頼し、リビングトラスト・遺言書・財産及び医療行為に関する委任状から構成されるエステートプランを作成し、家族が困らないようにしておくことがとても大切です。弊社の弁護士は、これまで1000件以上のエステートプランを作成した幅広い知識と経験を持っております。リーズナブルな定額プランをご用意しています。顧客の皆様のそれぞれのご事情に寄り添った丁寧なサービスを提供しています。

    契約書作成・ビジネス上のトラブル(不動産・雇用法・会社法)
    o 不動産関連法
    o ビジネス
    o 会社法
    o 雇用法
    o 民事訴訟全般

    NOTARY(公証)サービス: 一般的なNOTARYの他に日本語の書類にも即日又は週末も対応可。
    o 日本の遺産分割協議書などに必要なサイン証明・居住証明・帰化証明など
    o 年金受給申請関連書類や内容証明書が必要な文書
    o お得なレートでFedExによる日本への郵送代行。

    日本語・中国語・スペイン語でご相談頂けます。

    *Paralegals and Notary cannot provide legal advice/パラリーガル及び公証人が法的アドバイスをすることは州法で禁じられています*

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月13日(火)

    交通事故・リビングトラスト・遺産相続・不動産・ビジネス上のトラブル・会社法・雇用法 ・民事訴訟 ・Notary (公証) - 日本の相続・年金申請に必用なサイン証明・居住証明など

    交通事故・人身事故

    交通事故や転倒事故、または傷害事件などによる怪我や後遺症などでお悩みではありませんか?損害賠償は治療費や休業補償だけでなく事故を原因とする精神的苦痛などの目に見えない損害に対しても請求が出来ます。しかしその場合少しでも保険金の支払いを安く見積もろうとする保険会社との交渉が必要になり、補償額が不十分なことは珍しくありません。そんな時には幅広い専門知識を持つ経験豊富な弁護士に依頼をすることが問題解決への一番の近道です。

    賠償金請求の手続きは完全成功報酬制のため弁護費用はすべて賠償金によって清算されますので、事前に費用をご準備頂く必要もありません。賠償が受け取れない場合には費用は一切かかりません。必要に応じて日本語が通じる医療機関の紹介も可能です。お気軽にお問合せください。

    o 交通事故(自動車・オートバイ・自転車・歩行者)
    o ゴルフ場やショッピングセンターなどの商業施設や公共の場での怪我
    o 他人の飼い犬に噛まれるなど、ペットによる怪我
    o 建造物の整備不良または安全管理の不備による怪我など
    o 保険会社との交渉の代行

    リビングトラスト(エステートプラン - 米国内の遺産相続計画)
    カリフォルニア州では資産が一定額を超える場合、遺言書を残しておくだけでは家族に財産を残すことが出来ません。遺産相続には裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられており、日本の相続とは大きく異なります。資産を守り、円滑な相続をするためには、専門知識を持つ弁護士に依頼し、リビングトラスト・遺言書・財産及び医療行為に関する委任状から構成されるエステートプランを作成し、家族が困らないようにしておくことがとても大切です。弊社の弁護士は、これまで1000件以上のエステートプランを作成した幅広い知識と経験を持っております。リーズナブルな定額プランをご用意しています。顧客の皆様のそれぞれのご事情に寄り添った丁寧なサービスを提供しています。

    契約書作成・ビジネス上のトラブル(不動産・雇用法・会社法)
    o 不動産関連法
    o ビジネス
    o 会社法
    o 雇用法
    o 民事訴訟全般

    NOTARY(公証)サービス: 一般的なNOTARYの他に日本語の書類にも即日又は週末も対応可。
    o 日本の遺産分割協議書などに必要なサイン証明・居住証明・帰化証明など
    o 年金受給申請関連書類や内容証明書が必要な文書
    o お得なレートでFedExによる日本への郵送代行。

    日本語・中国語・スペイン語でご相談頂けます。

    *Paralegals and Notary cannot provide legal advice/パラリーガル及び公証人が法的アドバイスをすることは州法で禁じられています*

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月13日(火)

    離婚、家庭内暴力、破産、でお悩みですか? 『ジョセフピテラ法律事務所』へご相談ください。<24時間無料法律相談!!>

    パートナーと離婚したい、離婚しようか迷っている、離婚を決めたが何からはじめてよいかわからない。
    離婚裁判がうまくすすまない、離婚後の生活に漠然とした不安がある。
    パートナーからの暴力などのDVでも悩んでいるが誰にも相談できない。
    また、破産をしたいけど不安。
    破産をどのようにしたらいいいか分からない など。

    離婚、破産、暴力などに関するお悩みを一人で抱えてはいませんか?

    ジョセフピテラ法律事務所では離婚、破産、暴力などの悩み相談を「24時間無料」で行っております。
    家庭法、破産法、刑法、などの法的トラブルから、今後のアドバイス・サポートなどのお手伝いをさせていただいておりますので、
    どうぞお気軽にご相談ください。

    【ジョセフピテラ法律事務所】
    -----------------------------
    ・1994年より20年以上の実務経験
    ・幅広い分野の法律に関する知識
    ・リーズナブルな弁護士料
    ・6か国語対応(日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア)
    ・迅速な対応・的確な判断
    ・丁寧かつ親身なアドバイス
    ・かなり複雑なケースも対応可能

    どんな複雑なケースでも粘り強く戦います。

    *****************************

    >>24時間無料法律相談<<

    *****************************

    まずは、ご相談してください。
    お気軽に日本語でお問合せください。

    【電話番号】
    310-756-2571

    【Office】
    1308 Sartori Ave. Suite109, Torrance, CA, 90501

    24時間無料法律相談

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2021年04月12日(月)

    【アメリカ法律相談】新作YouTube ❗2年グリーンカード更新・条件付き永住権✅

    結婚ベースの2年限定グリーンカードを更新する方は必見! 必要な書類および気を付けるポイントを解説します。
    チャンネル登録もよろしくお願いいたします😊

    【アメリカ法律相談】では、移民(グリーンカード、ビザ、市民権等)、離婚、破産、会社設立などを、
    在米50年の経験と実績、他の法律事務所と比べて安価な料金設定、最近また新たな弁護士と提携し、お手伝いさせて頂いております。


    なお、今後youtubeで取り上げてほしいトピックやご質問を募集しております。
    よろしければ、ぜひ、こちらのアンケートにてお聞かせください(所要時間10秒)
    https://us10.list-manage.com/survey?u=ae963103854e3e5da2ebf4b0c&id=e8dbf37d6e



    ご契約前のご相談は【 完全無料 】お一人で悩まず、お気軽にご相談下さい。

    幸せな移民(永住権取得)をしたい!
    幸せな離婚(Divorce)をしたい!
    幸せなビジネス(Start Up)をしたい!
    幸せな破産(個人・会社)をしたい!

    という方は、迷わずアメリカ法律相談までご連絡下さい。


    人生の一大事は経験のある私たちにお任せください。


    ■アメリカ法律相談 https://linktr.ee/americahoritsu

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月09日(金)

    交通事故・リビングトラスト・遺産相続・不動産・ビジネス上のトラブル・会社法・雇用法 ・民事訴訟 ・Notary (公証) - 日本の相続・年金申請に必用なサイン証明・居住証明など

    交通事故・人身事故

    交通事故や転倒事故、または傷害事件などによる怪我や後遺症などでお悩みではありませんか?損害賠償は、治療費や休業補償だけでなく、事故を原因とする精神的苦痛などの目に見えない損害に対しても請求が出来ます。しかしその場合少しでも保険金の支払いを安く見積もろうとする保険会社との交渉が必要になります。そんな時には幅広い専門知識を持つ経験豊富な弁護士に依頼をすることが問題解決への一番の近道です。

    賠償金請求の手続きは完全成功報酬制のため弁護費用はすべて賠償金によって清算されますので、事前に費用をご準備頂く必要もありません。賠償が受け取れない場合には費用は一切かかりません。必要に応じて日本語が通じる医療機関の紹介も可能です。お気軽にお問合せください。

    o 交通事故(自動車・オートバイ・自転車・歩行者)
    o ゴルフ場やショッピングセンターなどの商業施設や公共の場での怪我
    o 他人の飼い犬に噛まれるなど、ペットによる怪我
    o 建造物の整備不良または安全管理の不備による怪我など
    o 保険会社との交渉の代行

    リビングトラスト(エステートプラン - 米国内の遺産相続計画)
    カリフォルニア州では資産が一定額を超える場合、遺言書を残しておくだけでは家族に財産を残すことが出来ません。遺産相続には裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられており、日本の相続とは大きく異なります。資産を守り、円滑な相続をするためには、専門知識を持つ弁護士に依頼し、リビングトラスト・遺言書・財産及び医療行為に関する委任状から構成されるエステートプランを作成し、家族が困らないようにしておくことがとても大切です。弊社の弁護士は、これまで1000件以上のエステートプランを作成した幅広い知識と経験を持っております。リーズナブルな定額プランをご用意していますのでお気軽に日本語でお問合せください。顧客の皆様のそれぞれのご事情に寄り添った丁寧なサービスを提供しています。

    契約書作成・ビジネス上のトラブル(不動産・雇用法・会社法)
    o 不動産関連法
    o ビジネス
    o 会社法
    o 雇用法
    o 民事訴訟全般

    NOTARY(公証)サービス: 一般的なNOTARYの他に日本語の書類にも即日又は週末も対応可。
    o 日本の遺産分割協議書などに必要なサイン証明・居住証明・帰化証明など
    o 年金受給申請関連書類や内容証明書が必要な文書
    o お得なレートでFedExによる日本への郵送代行。

    日本語・中国語・スペイン語でご相談頂けます。

    *Paralegals and Notary cannot provide legal advice/パラリーガル及び公証人が法的アドバイスをすることは州法で禁じられています*

    • 知って得する / 専門サービス
    • 2021年04月09日(金)

    最近多い間違い☎️

    残されたメッセージを聞いていると、、、爆

    「**000フィッシュサイトに登録したけれど、プロファイル作りがうまくいかない。直してくれ!!」や、
    (いやいや、それ、うちと違うし、、、びっくり。でも自分で直せへんのかな。)


    「%++オンラインサイトに登録したけれど、キャンセルしたのにキャンセルになってない。電話してちょうだい!!。」とか、、、(キャンセルって、私あなたからお金ももらってないし、、、どなたはんですか?

    「誰か電話してくれ。」のような、メッセージもありましたね。
    (誰か電話してくれって、、自分の名前も要件も残さんと失礼なメッセージ。どこへかけたはるんや。
    その上、pleaseが無い。普通はPlease call meやろ!!。)

    大概の方達は「My name is Bob, I am interested in your service, Please call me .」とか
    「後藤といいますが、マッチメーキングに関して質問ありますので、お電話ください。」とか普通ですね。
    もしくはメールでお問い合わせくださるんですけどね、、。

    きちんとしたメッセージなら掛け直すが、間違い電話やわけのわからないメッセージはスルー。
    前にも書いたが職業柄、へんな勘違い電話もたまにあるんです。

    この時点で、その方が少なくとも最初にきちんとした対応できるかどうかも見えてきますね。
    電話メッセージ審査とでもしておきましょうかね。変な人達も多いから、あえてわざわざ関わる必要もないものね。

    皆様もお気をつけくださいませ。

    電話のベルが鳴ったからといって必ず対応しなければいけないわけではないんです。
    本当に用事があるのであれば、きちんとお名前、内容もメーセージに残すはずですからね。

    皆さま、今日も安全で素敵な日をお過ごし下さいませ。
    Love, Miwako

    • 自慢のサービス / 専門サービス
    • 2021年04月07日(水)

    「事故解決から適切なサポートで、最善の解決を!」The Law Office of Williams & Williams~安心の日本語サポート!~

    The Law Office of Williams & Williams

    交通事故に遭うとつらい痛み・保険会社との気が重いやり取り・後遺症の問題など、先の見えない不安でいっぱいになりますよね。
    事故の遭われた被害者の方々が安心して治療に専念していただき適切な賠償を受けられるよう、当事務所は全力でサポートいたします。
    症状にあったドクターのご紹介、レンタカーの手配等もいたしますので是非ご相談ください。
    ご面談の際にはご自宅、ご指定の場所に伺います。ご遠方の方、ケガをされている方もお気軽にご連絡ください。

    ~ 4つのお約束 ~

    ・ドクターの紹介からレンタカーの手配までサポートいたします。
    ・人身事故から動物による被害、転倒事故まで対応。
    ・完全成功報酬制なので被害者の方の相談・弁護士費用は一切かかりません。
    ・安心の日本語サポートで親切丁寧に対応いたします。


    >> 交通事故・事故に関するお問い合わせ24時間無料相談受付中! <<
    20年以上の経験を積んだベテラン弁護士があなた個人の権利を保障します。

    まずはお気軽に無料相談へ。
    お電話または下記「メッセージを送る」よりご相談ください。

    日本語直通 Tel : 310-740-3247(担当:かよこ)

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月05日(月)

    《離婚》について知っておきたい① 〜自分を守るために〜

    ジョセフピテラ法律事務所は、各種専門の弁護士が在籍している総合弁護士グループです。

    「離婚」について、5回に渡って解説していきます。
    今回は【弁護士をつける理由】です。

    ---
    昨今、離婚を申請される方が増えています。
    離婚をするにおいて一番初めにすることは、《自分に弁護士をつけること》です。

    仮に離婚相手が「平和にやりたいから弁護士はつけないで」と言ったとします。
    しかし、どんなに平和的に解決しそうでも、ご自分の味方は必ずつけておくべきです。

    ------------------------------------------------
    弁護士をつける理由①
    ------------------------------------------------
    ◆まず、弁護士をつけることで、自分と子どもの権利を守れます。

    ▼弁護士がいないと、以下のようなケースが起きることも
     ・相手が資産と負債をきちんと開示しない
       →養育費・扶養手当の支払いを避ける目的
       →自分名義の借金・税金を隠す目的
     ・弁護士がいないことをいいことに、情報をごまかす
     ・英語が分からない相手に対して、適当な情報のみ開示する

    離婚合意書の署名が完了すると、離婚が成立し、後から内容を変えるのはとても大変です。
    最終的に署名をする前に、はじめから弁護士と連携していると安心です。

    ------------------------------------------------
    弁護士をつける理由②
    ------------------------------------------------
    ◆弁護士はあなたの代理人となり、問題があった時に対処します。

    弁護士(または代理人)をつけずに、自分で代表を務めることを、法律用語で "In pro per" といいます。
    書類作成・申請手続きを自分で行い、問題が起きた場合も自分で対処しなければいけません。

    業者に依頼するという選択肢もありますが、
    業者は書類の作成をするだけで、あなたの代理を務めることはしません。
    どんな問題が起きても、対処をするのは自分です。
    業者を利用する場合は、そのリスクを承知の上で依頼をしなくてはなりません。

    ▼Aさん(女性・子どもなし)の事例
    Aさんは、簡易離婚の続きをとある業者に依頼しました。
    その間、元夫の金銭事情について嫌な予感がしたため、当事務所にご相談に来られました。

    結果としてAさんの元夫は、Aさんのクレジット(信用情報)を勝手に利用していました。
    悪徳業者を通して10社分ものカードを作り、借金まみれでした。

    多額の税金滞納も判明したため、簡易離婚ではなく通常離婚に移行することにし、
    Aさんが借金を払わずに済むよう処理をしました。

    ---
    離婚することになったら、まず落ち着いて、味方をつけることから始めましょう。
    心配事や起こりうる問題から、自分を守ることが大切です。

    ジョセフピテラ法律事務所では、離婚・破産・暴力などの悩み相談を「24時間無料」で受け付けています。
    一人で抱え込まず、お気軽に日本語でご相談ください。
    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】

    家庭法、破産法、刑法などの法的トラブルのサポートから、
    今後のアドバイスなどのお手伝いをさせて頂きます。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆ジョセフピテラ法律事務所(Joseph Pittera Law Offices)

    離婚、破産、暴力などに関するお悩みを一人で抱えてはいませんか?
    他の弁護士事務所で諦められてしまったケースでも、あなたと共に粘り強く戦います。
    あきらめずに朝早くても、夜遅くても、ご連絡ください。

    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】
    日本語でお気軽にお電話ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※詳しくは下記会社名をクリックの上[タウンガイド]をご覧ください。
    ※お問合せは[メッセージを送る]からもどうぞ。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月05日(月)

    《離婚》について知っておきたい④ 〜相手が話し合いに応じない場合〜

    ジョセフピテラ法律事務所は、各種専門の弁護士が在籍している総合弁護士グループです。

    「離婚」について、5回に渡って解説していきます。
    今回は【相手が話し合いに応じない場合】についてです。

    【Q】
    協議離婚または争議離婚、どちらの形で申請するべきか悩んでいます。相手は子どものことを考えておらず、私の意見も聞いてくれるとは思えません。どうすればいいでしょうか?

    【A】
    子どもに関する緊急の内容について、裁判所で話し合うことを可能にする
    "Request for Order" というシステムがあります。

    話し合う双方がお互いに弁護士を立てる必要があり、
    子供の親権、養育費、訪問権、扶養手当の支払い請求の問題などについて、裁判所を強制的に介入させることができます。
    ただし、緊急を要することがポイントです。

    ▼以下のようなケースで、Request for Order が使われることがあります。
    ①片方の親が遠方へ引っ越す場合(仕事の都合など)
     →親権、訪問権の問題などの話し合いをします。
    ②片方が話し合いに応じない、嫌がらせなどの理由で電話やメールに応答しない場合
     →話す環境が整わない場合も、この方法が用いられることがあります。

    ---
    Request for Order が避けられない状況になる前に、
    弁護士を雇い mediation(仲裁)を行うという方法もあります。

    離婚や別居の状況について一度弁護士と相談し、
    何ができるか・何が最善の選択かを一緒に考えていくことが得策です。

    まずは、24時間無料法律相談にお気軽にご連絡下さい。
    日本語担当が、丁寧かつ親身に対応いたします。
    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆ジョセフピテラ法律事務所(Joseph Pittera Law Offices)

    離婚、破産、暴力などに関するお悩みを一人で抱えてはいませんか?
    他の弁護士事務所で諦められてしまったケースでも、あなたと共に粘り強く戦います。
    あきらめずに朝早くても、夜遅くても、ご連絡ください。

    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】
    日本語でお気軽にお電話ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※詳しくは下記会社名をクリックの上[タウンガイド]をご覧ください。
    ※お問合せは[メッセージを送る]からもどうぞ。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月05日(月)

    《離婚》について知っておきたい④ 〜相手が話し合いに応じない場合〜

    ジョセフピテラ法律事務所は、各種専門の弁護士が在籍している総合弁護士グループです。

    「離婚」について、5回に渡って解説していきます。
    今回は【相手が話し合いに応じない場合】についてです。

    【Q】
    協議離婚または争議離婚、どちらの形で申請するべきか悩んでいます。相手は子どものことを考えておらず、私の意見も聞いてくれるとは思えません。どうすればいいでしょうか?

    【A】
    子どもに関する緊急の内容について、裁判所で話し合うことを可能にする
    "Request for Order" というシステムがあります。

    話し合う双方がお互いに弁護士を立てる必要があり、
    子供の親権、養育費、訪問権、扶養手当の支払い請求の問題などについて、裁判所を強制的に介入させることができます。
    ただし、緊急を要することがポイントです。

    ▼以下のようなケースで、Request for Order が使われることがあります。
    ①片方の親が遠方へ引っ越す場合(仕事の都合など)
     →親権、訪問権の問題などの話し合いをします。
    ②片方が話し合いに応じない、嫌がらせなどの理由で電話やメールに応答しない場合
     →話す環境が整わない場合も、この方法が用いられることがあります。

    ---
    Request for Order が避けられない状況になる前に、
    弁護士を雇い mediation(仲裁)を行うという方法もあります。

    離婚や別居の状況について一度弁護士と相談し、
    何ができるか・何が最善の選択かを一緒に考えていくことが得策です。

    まずは、24時間無料法律相談にお気軽にご連絡下さい。
    日本語担当が、丁寧かつ親身に対応いたします。
    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆ジョセフピテラ法律事務所(Joseph Pittera Law Offices)

    離婚、破産、暴力などに関するお悩みを一人で抱えてはいませんか?
    他の弁護士事務所で諦められてしまったケースでも、あなたと共に粘り強く戦います。
    あきらめずに朝早くても、夜遅くても、ご連絡ください。

    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】
    日本語でお気軽にお電話ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※詳しくは下記会社名をクリックの上[タウンガイド]をご覧ください。
    ※お問合せは[メッセージを送る]からもどうぞ。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月05日(月)

    交通事故・リビングトラスト・遺産相続・不動産・ビジネス上のトラブル・会社法・雇用法 ・民事訴訟 ・Notary (公証) - 日本の相続・年金申請に必用なサイン証明・居住証明など

    交通事故・人身事故

    交通事故や転倒事故、または傷害事件などによる怪我や後遺症などでお悩みではありませんか?損害賠償は、治療費や休業補償だけでなく、事故を原因とする精神的苦痛などの目に見えない損害に対しても請求が出来ます。しかしその場合少しでも保険金の支払いを安く見積もろうとする保険会社との交渉が必要になります。そんな時には幅広い専門知識を持つ経験豊富な弁護士に依頼をすることが問題解決への一番の近道です。

    賠償金請求の手続きは完全成功報酬制のため弁護費用はすべて賠償金によって清算されますので、事前に費用をご準備頂く必要もありません。賠償が受け取れない場合には費用は一切かかりません。必要に応じて日本語が通じる医療機関の紹介も可能です。お気軽にお問合せください。

    o 交通事故(自動車・オートバイ・自転車・歩行者)
    o ゴルフ場やショッピングセンターなどの商業施設や公共の場での怪我
    o 他人の飼い犬に噛まれるなど、ペットによる怪我
    o 建造物の整備不良または安全管理の不備による怪我など
    o 保険会社との交渉の代行

    交通事故を起こして誰かに訴えられたり、保険会社との交渉が必要な際にもご連絡ください。

    弊社は日系には珍しく、交渉や民事訴訟に強いことが特徴の法律事務所です。常に迅速で誠実な対応を心掛けています。


    リビングトラスト(エステートプラン - 米国内の遺産相続計画)

    カリフォルニア州では資産が一定額を超える場合、遺言書を残しておくだけでは家族に財産を残すことが出来ません。遺産相続には裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられており、日本の相続とは大きく異なります。資産を守り、円滑な相続をするためには、専門知識を持つ弁護士に依頼し、リビングトラスト・遺言書・財産及び医療行為に関する委任状から構成されるエステートプランを作成し、家族が困らないようにしておくことがとても大切です。弊社の弁護士は、これまで1000件以上のエステートプランを作成した幅広い知識と経験を持っております。リーズナブルな定額プランをご用意していますのでお気軽に日本語でお問合せください。顧客の皆様のそれぞれのご事情に寄り添った丁寧なサービスを提供しています。

    契約書作成・ビジネス上のトラブル(不動産・雇用法・会社法)

    o 不動産関連法
    o ビジネス
    o 会社法
    o 雇用法
    o 民事訴訟全般


    NOTARY(公証)サービス: 一般的なNOTARYの他に日本語の書類にも即日又は週末も対応可。

    o 日本の遺産分割協議書などに必要なサイン証明・居住証明・帰化証明など
    o 年金受給申請関連書類や内容証明書が必要な文書
    o お得なレートでFedExによる日本への郵送代行。

    日本語・中国語・スペイン語でご相談頂けます。

    *Paralegals and Notary cannot provide legal advice/パラリーガル及び公証人が法的アドバイスをすることは州法で禁じられています*

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月04日(日)

    《離婚》について知っておきたい③ 〜絶対にしてはいけないこと〜

    ジョセフピテラ法律事務所は、各種専門の弁護士が在籍している総合弁護士グループです。

    「離婚」について、5回に渡って解説していきます。
    今回は【離婚の条件】についてです。

    ------------------------------------------------
    離婚の条件を決める時に、絶対にしてはいけないこと
    ------------------------------------------------
    ▼架空のケース
    離婚相手が、あなたと話をして離婚の条件を決めたいと言っています。
    そして相手は、相手側の弁護士を使うよう執拗に求めてきます。
    あなたは自分の弁護士と相談したいのに、そうさせてくれません。

    《自分の弁護士と相談せずに、離婚の条件を決めては【絶対に】いけません。》

    追い詰められた状況になると、
    「自分には権利がなく、主張する余地がない」と思い込んでしまいがちです。
    相手の弁護士に言われるがまま、離婚同意書に署名をさせられてしまったと
    後になって後悔をするケースが多々あります。

    ------------------------------------------------
    離婚の条件を決めるために大切なこと
    ------------------------------------------------
    ①自分の弁護士を立てる(最重要)
    ②離婚過程の中で、少しずつ条件を決めていく

    先に全ての条件を決めてしまうと、あとで後悔する可能性があります。
    手続きの過程を正しく理解して、自分の弁護士と一緒に条件を考えていくことが得策です。

    ------------------------------------------------
    そもそも、相手の弁護士を自分の弁護士として使えるのか?
    ------------------------------------------------
    使えません。
    理由は、利益の矛盾です。
    あくまでも相手の弁護士は、相手側の利益を守ることを優先します。

    スポーツで例えてみましょう。
    相手チームの監督は、自分のチームにアドバイスをくれるでしょうか?
    答えは簡単です。相手チームの監督は、あくまでも相手側です。

    ただし、最終的に同じ条件で合意する場合など、例外のケースもあります。
    それ以外は、自分の弁護士を持つことがとても大切です。

    まずは、24時間無料法律相談にお気軽にご連絡下さい。
    日本語担当が、丁寧かつ親身に対応いたします。
    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆ジョセフピテラ法律事務所(Joseph Pittera Law Offices)

    離婚、破産、暴力などに関するお悩みを一人で抱えてはいませんか?
    他の弁護士事務所で諦められてしまったケースでも、あなたと共に粘り強く戦います。
    あきらめずに朝早くても、夜遅くても、ご連絡ください。

    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】
    日本語でお気軽にお電話ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※詳しくは下記会社名をクリックの上[タウンガイド]をご覧ください。
    ※お問合せは[メッセージを送る]からもどうぞ。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月03日(土)

    《離婚》について知っておきたい② 〜暴力・DV〜

    ジョセフピテラ法律事務所は、各種専門の弁護士が在籍している総合弁護士グループです。

    「離婚」について、5回に渡って解説していきます。
    今回は【暴力/DV(ドメスティック・バイオレンス)】です。

    【Q】
    主人が新型コロナウイルスの影響で仕事を失い、私や子どもに暴力を振るいます。どうしたら良いでしょうか?

    【A】
    ①暴力を振るわれた事実について、警察にポリス・レポートを作成してもらいましょう。
    (何らかの暴力があったことが前提で、言い合いでは警察は介入できません)

    ②暴力の内容を、日記やメモに記録しましょう。

    「相手の会社でビザのサポートをしてもらっているため、我慢するしかない」
    「自分に収入がないから、通報した後が怖い」などの理由から、
    なかなか言い出せないケースがありますが
    その間も記録をつけることで、後々の助けになります。


    ▼Aさんの事例
    Aさんは長い間、夫の暴力に悩まされていました。
    ビザや収入がなくなることを恐れて、ずっと暴力に耐えていました。

    その内に経済的DVも始まり、夫はお金を家庭に入れず、Aさんのビザサポートを打ち切ろうとしました。
    挙げ句の果てには暴力がエスカレートして、Aさんは全治6か月の重傷を負いました。
    子どもも大怪我をして、10針縫うという目も当てられない状況でした。


    命より大切なものはありません。
    Restraining order(保護命令)という、被害者を守る制度があります。
    一人で抱え込まずに、24時間無料法律相談ラインにご連絡下さい。
    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆ジョセフピテラ法律事務所(Joseph Pittera Law Offices)

    離婚、破産、暴力などに関するお悩みを一人で抱えてはいませんか?
    他の弁護士事務所で諦められてしまったケースでも、あなたと共に粘り強く戦います。
    あきらめずに朝早くても、夜遅くても、ご連絡ください。

    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】
    日本語でお気軽にお電話ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※詳しくは下記会社名をクリックの上[タウンガイド]をご覧ください。
    ※お問合せは[メッセージを送る]からもどうぞ。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月02日(金)

    ビジネスや個人の破産でお悩みですか?【24時間日本語無料コンサルテーション】

    コロナウイルスの拡大の為、様々な企業で解雇が増えている企業や破産する企業がこれから増えてくる傾向があります。

    まだ今は解雇や破産していなくても、政府の補助が出なかったり、PPPやEIDLローンがおりても十分な金額が出なかったりして一時的には
    生活やビジネスは大丈夫だとしても売り上げが全くついていっていないのでこれから
    どう考えても生活や会社を根本的に維持できるかわからないという状況にある方や企業もあると思います。

    逆にコロナの追い風でオンラインビジネス(Amazonなど)やE ラーニング、テレバイズ メディスン(オンライン医療)などのオンラインやAIを使ったビジネスは飛躍的にのびています。
    ただ全てのビジネスがオンラインで全てのプロセスが完結するものばかりでもないので、オンラインやAIの影響も受けながら今後Withコロナ時代でビジネスを考え直す時が来ていると思われます。

    法律の面では個人や企業が戦略的にも戦術的にも生き残りをかけて破産という選択肢を取ると考えをとるのも有ると思います。
    日本人の方や企業の方にはあまり考えつかないアイデアかも知れませんが悪いアイデアではないと思います。

    個人破産の多くは特に長年収入の足りない部分をクレジットカードやペイデイローンや知人や、
    親などからお金をかり生活をしている人たち、収入より支出が多い方、メデカルに関する借金など、
    この頃はレントやモーゲージが払えないなど借金も多岐に渡りますが、破産は特別な法律であるので破産をすることで
    法律的やり直しをして人生や経済的な立て直しをすることをできるということです。

    トランプ大統領は何回も破産してますがこれが戦略的に生き残りの為に破産をしてやり直している代表的な例です。

    破産にはチャプター7、11、13があり、個人破産はチャプター7になりますが、
    皆様の勘違いは銀行口座や車までなくなると思っていることです。
    破産して車や銀行のアカウントがなくなるということはありませんのでご安心いただけると幸いです。

    また破産法は特に特別な法律の為「必ず弁護士に相談」して頂くことが大切になります。思い込みをしないことです。
    諦めずに【ジョセフピテラ法律事務所】へご相談ください!!

    24時間日本語無料コンサルテーションにご連絡くださいませ。

    --------------------------------------
    ■24時間日本語無料コンサルテーション■
    --------------------------------------
    お問合せ:(310)756-2571

    <コーエン弁護士事務所>
    ---------------------------
    ■Thomson Reutersによって格付けされたスーパーロイヤー(Martindale-HubbellによるAV®の基準を獲得)
    ■誰でもわかるよう、難しい言葉を使わずに日本語でわかりやすくケースを説明
    ■親切で丁寧、そして迅速な対応
    ■日本のカルチャー・アメリカのカルチャーを理解
    ■日本語・英語両方対応
    ■通訳・民事交渉などどの分野でも交渉スキルあり
    ■複雑なケースでも的確に判断

    また破産だけではなく、ビジネス、不動産、労働法など多岐にわたるご相談に対応しております。

    ※詳しくは下記会社名をクリックの上[タウンガイド]をご覧ください。
    ※お問合せは[メッセージを送る]からもどうぞ。

    24時間無料法律相談

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年04月02日(金)

    《離婚》について知っておきたい① 〜自分を守るために〜

    ジョセフピテラ法律事務所は、各種専門の弁護士が在籍している総合弁護士グループです。

    「離婚」について、5回に渡って解説していきます。
    今回は【弁護士をつける理由】です。

    ---
    昨今、離婚を申請される方が増えています。
    離婚をするにおいて一番初めにすることは、《自分に弁護士をつけること》です。

    仮に離婚相手が「平和にやりたいから弁護士はつけないで」と言ったとします。
    しかし、どんなに平和的に解決しそうでも、ご自分の味方は必ずつけておくべきです。

    ------------------------------------------------
    弁護士をつける理由①
    ------------------------------------------------
    ◆まず、弁護士をつけることで、自分と子どもの権利を守れます。

    ▼弁護士がいないと、以下のようなケースが起きることも
     ・相手が資産と負債をきちんと開示しない
       →養育費・扶養手当の支払いを避ける目的
       →自分名義の借金・税金を隠す目的
     ・弁護士がいないことをいいことに、情報をごまかす
     ・英語が分からない相手に対して、適当な情報のみ開示する

    離婚合意書の署名が完了すると、離婚が成立し、後から内容を変えるのはとても大変です。
    最終的に署名をする前に、はじめから弁護士と連携していると安心です。

    ------------------------------------------------
    弁護士をつける理由②
    ------------------------------------------------
    ◆弁護士はあなたの代理人となり、問題があった時に対処します。

    弁護士(または代理人)をつけずに、自分で代表を務めることを、法律用語で "In pro per" といいます。
    書類作成・申請手続きを自分で行い、問題が起きた場合も自分で対処しなければいけません。

    業者に依頼するという選択肢もありますが、
    業者は書類の作成をするだけで、あなたの代理を務めることはしません。
    どんな問題が起きても、対処をするのは自分です。
    業者を利用する場合は、そのリスクを承知の上で依頼をしなくてはなりません。

    ▼Aさん(女性・子どもなし)の事例
    Aさんは、簡易離婚の続きをとある業者に依頼しました。
    その間、元夫の金銭事情について嫌な予感がしたため、当事務所にご相談に来られました。

    結果としてAさんの元夫は、Aさんのクレジット(信用情報)を勝手に利用していました。
    悪徳業者を通して10社分ものカードを作り、借金まみれでした。

    多額の税金滞納も判明したため、簡易離婚ではなく通常離婚に移行することにし、
    Aさんが借金を払わずに済むよう処理をしました。

    ---
    離婚することになったら、まず落ち着いて、味方をつけることから始めましょう。
    心配事や起こりうる問題から、自分を守ることが大切です。

    ジョセフピテラ法律事務所では、離婚・破産・暴力などの悩み相談を「24時間無料」で受け付けています。
    一人で抱え込まず、お気軽に日本語でご相談ください。
    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】

    家庭法、破産法、刑法などの法的トラブルのサポートから、
    今後のアドバイスなどのお手伝いをさせて頂きます。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ◆ジョセフピテラ法律事務所(Joseph Pittera Law Offices)

    離婚、破産、暴力などに関するお悩みを一人で抱えてはいませんか?
    他の弁護士事務所で諦められてしまったケースでも、あなたと共に粘り強く戦います。
    あきらめずに朝早くても、夜遅くても、ご連絡ください。

    【24時間無料法律相談ライン: 310-756-2571】
    日本語でお気軽にお電話ください。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ※詳しくは下記会社名をクリックの上[タウンガイド]をご覧ください。
    ※お問合せは[メッセージを送る]からもどうぞ。

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月31日(水)

    交通事故・リビングトラスト・遺産相続・不動産・ビジネス上のトラブル・会社法・雇用法 ・民事訴訟 ・Notary (公証) - 日本の遺産相続・サイン証明・居住証明・年金関連書類 即日または週末対応可

    交通事故・人身事故

    交通事故や転倒事故、または傷害事件などによる怪我や後遺症などでお悩みではありませんか?損害賠償は、治療費や休業補償だけでなく、事故を原因とする精神的苦痛などの目に見えない損害に対しても請求が出来ます。しかしその場合少しでも保険金の支払いを安く見積もろうとする保険会社との交渉が必要になります。そんな時には幅広い専門知識を持つ経験豊富な弁護士に依頼をすることが問題解決への一番の近道です。

    賠償金請求の手続きは完全成功報酬制のため弁護費用はすべて賠償金によって清算されますので、事前に費用をご準備頂く必要もありません。賠償が受け取れない場合には費用は一切かかりません。必要に応じて日本語が通じる医療機関の紹介も可能です。お気軽にお問合せください。

    o 交通事故(自動車・オートバイ・自転車・歩行者)
    o ゴルフ場やショッピングセンターなどの商業施設や公共の場での怪我
    o 他人の飼い犬に噛まれるなど、ペットによる怪我
    o 建造物の整備不良または安全管理の不備による怪我など
    o 保険会社との交渉の代行

    交通事故を起こして誰かに訴えられたり、保険会社との交渉が必要な際にもご連絡ください。

    弊社は日系には珍しく、交渉や民事訴訟に強いことが特徴の法律事務所です。常に迅速で誠実な対応を心掛けています。


    リビングトラスト(エステートプラン - 米国内の遺産相続計画)

    カリフォルニア州では資産が一定額を超える場合、遺言書を残しておくだけでは家族に財産を残すことが出来ません。遺産相続には裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられており、日本の相続とは大きく異なります。資産を守り、円滑な相続をするためには、専門知識を持つ弁護士に依頼し、リビングトラスト・遺言書・財産及び医療行為に関する委任状から構成されるエステートプランを作成し、家族が困らないようにしておくことがとても大切です。弊社の弁護士は、これまで1000件以上のエステートプランを作成した幅広い知識と経験を持っております。リーズナブルな定額プランをご用意していますのでお気軽に日本語でお問合せください。顧客の皆様のそれぞれのご事情に寄り添った丁寧なサービスを提供しています。

    契約書作成・ビジネス上のトラブル(不動産・雇用法・会社法)

    o 不動産関連法
    o ビジネス
    o 会社法
    o 雇用法
    o 民事訴訟全般


    NOTARY(公証)サービス: 一般的なNOTARYの他に日本語の書類にも即日又は週末も対応可。

    o 日本の遺産分割協議書などに必要なサイン証明・居住証明・帰化証明など
    o 年金受給申請関連書類や内容証明書が必要な文書
    o お得なレートでFedExによる日本への郵送代行。

    日本語・中国語・スペイン語でご相談頂けます。

    *Paralegals and Notary cannot provide legal advice/パラリーガル及び公証人が法的アドバイスをすることは州法で禁じられています*

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月29日(月)

    交通事故・リビングトラスト・遺産相続・不動産・ビジネス上のトラブル・会社法・雇用法 ・民事訴訟 ・Notary (公証) - 日本の遺産相続・サイン証明・居住証明・年金関連書類 即日または週末対応可

    交通事故・人身事故

    交通事故や転倒事故、または傷害事件などによる怪我や後遺症などでお悩みではありませんか?損害賠償は、治療費や休業補償だけでなく、事故を原因とする精神的苦痛などの目に見えない損害に対しても請求が出来ます。しかしその場合少しでも保険金の支払いを安く見積もろうとする保険会社との交渉が必要になります。そんな時には幅広い専門知識を持つ経験豊富な弁護士に依頼をすることが問題解決への一番の近道です。

    賠償金請求の手続きは完全成功報酬制のため弁護費用はすべて賠償金によって清算されますので、事前に費用をご準備頂く必要もありません。賠償が受け取れない場合には費用は一切かかりません。必要に応じて日本語が通じる医療機関の紹介も可能です。お気軽にお問合せください。

    o 交通事故(自動車・オートバイ・自転車・歩行者)
    o ゴルフ場やショッピングセンターなどの商業施設や公共の場での怪我
    o 他人の飼い犬に噛まれるなど、ペットによる怪我
    o 建造物の整備不良または安全管理の不備による怪我など
    o 保険会社との交渉の代行

    交通事故を起こして誰かに訴えられたり、保険会社との交渉が必要な際にもご連絡ください。

    弊社は日系には珍しく、交渉や民事訴訟に強いことが特徴の法律事務所です。常に迅速で誠実な対応を心掛けています。


    リビングトラスト(エステートプラン - 米国内の遺産相続計画)

    カリフォルニア州では資産が一定額を超える場合、遺言書を残しておくだけでは家族に財産を残すことが出来ません。遺産相続には裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられており、日本の相続とは大きく異なります。資産を守り、円滑な相続をするためには、専門知識を持つ弁護士に依頼し、リビングトラスト・遺言書・財産及び医療行為に関する委任状から構成されるエステートプランを作成し、家族が困らないようにしておくことがとても大切です。弊社の弁護士は、これまで1000件以上のエステートプランを作成した幅広い知識と経験を持っております。リーズナブルな定額プランをご用意していますのでお気軽に日本語でお問合せください。顧客の皆様のそれぞれのご事情に寄り添った丁寧なサービスを提供しています。

    契約書作成・ビジネス上のトラブル(不動産・雇用法・会社法)

    o 不動産関連法
    o ビジネス
    o 会社法
    o 雇用法
    o 民事訴訟全般


    NOTARY(公証)サービス: 一般的なNOTARYの他に日本語の書類にも即日又は週末も対応可。

    o 日本の遺産分割協議書などに必要なサイン証明・居住証明・帰化証明など
    o 年金受給申請関連書類や内容証明書が必要な文書
    o お得なレートでもFedExによる日本への郵送代行。

    日本語・中国語・スペイン語でご相談頂けます。

    *Paralegals and Notary cannot provide legal advice/パラリーガル及び公証人が法的アドバイスをすることは州法で禁じられています*

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月26日(金)

    ≪無料相談≫結果重視!あなたの労働ビザ取得/切替・会社設立を全面的にサポート!!~成功報酬制~

    アメリカでのビザ取得、アメリカでの会社設立をお考えですか?

    アメリカビザ取得、会社設立の事ならお任せ下さい。
    --------------------------------------------------------------------
    ◆アメリカビザ取得のプロフェッショナルの私達が全面的にサポートします◆
    --------------------------------------------------------------------
    豊富な経験と確かな実績で、あなたのビザ取得・会社設立をお手伝い。
    長年培ったノウハウを生かし、難しいといわれているケースでも多数ビザ取得履歴があります。
    あなたを本気でサポートしたい!無駄な時間を使わせたくない!
    だから、≪不可能なものにはハッキリ不可能だとお伝えさせていただきます≫

    ==【◆サービス内容◆】==

    ①各種労働ビザ申請・取得
     アメリカの各種労働ビザの申請・取得を行います。

    ②グリーンカード申請・取得]
     労働ビザを取得された後は、アメリカの永住権の申請も可能です。
     (現在、長期語学学校通学からの、グリーンカード取得は面接において難しい状況となっています。)

    ③会社設立、許認可取得]
     アメリカで新規に起業、もしくは日本にある企業の米国支社を設立する際に必要となる手続きから、ビジネスに必要な許認可取得を行います。

    ==============
    ◆成功報酬制◆ ※ケースによります。
    ==============
    あなたに無駄なお金を使わせません!

    *******無料相談受付中!********
    ご相談は無料です。
    【Email】info@usvisa-legalpro.com
    【電話番号】 (310)694-7020 (日本語でどうぞ)


    ~まずはメールやお電話でお気軽にご相談下さい~

    • お困りですか?? / 専門サービス
    • 2021年03月25日(木)

    交通事故・リビングトラスト・遺産相続・不動産・ビジネス上のトラブル・会社法・雇用法 ・民事訴訟 ・Notary (公証) - 日本の遺産相続・サイン証明・居住証明・年金関連書類 即日または週末対応可

    交通事故・人身事故

    交通事故や転倒事故、または傷害事件などによる怪我や後遺症などでお悩みではありませんか?損害賠償は、治療費や休業補償だけでなく、事故を原因とする精神的苦痛などの目に見えない損害に対しても請求が出来ます。しかしその場合少しでも保険金の支払いを安く見積もろうとする保険会社との交渉が必要になります。そんな時には幅広い専門知識を持つ経験豊富な弁護士に依頼をすることが問題解決への一番の近道です。

    賠償金請求の手続きは完全成功報酬制のため弁護費用はすべて賠償金によって清算されますので、事前に費用をご準備頂く必要もありません。賠償が受け取れない場合には費用は一切かかりません。必要に応じて日本語が通じる医療機関の紹介も可能です。お気軽にお問合せください。

    o 交通事故(自動車・オートバイ・自転車・歩行者)
    o ゴルフ場やショッピングセンターなどの商業施設や公共の場での怪我
    o 他人の飼い犬に噛まれるなど、ペットによる怪我
    o 建造物の整備不良または安全管理の不備による怪我など
    o 保険会社との交渉の代行

    交通事故を起こして誰かに訴えられたり、保険会社との交渉が必要な際にもご連絡ください。

    弊社は日系には珍しく、交渉や民事訴訟に強いことが特徴の法律事務所です。常に迅速で誠実な対応を心掛けています。

    リビングトラスト(エステートプラン - 米国内の遺産相続計画)

    カリフォルニア州では資産が一定額を超える場合、遺言書を残しておくだけでは家族に財産を残すことが出来ません。遺産相続には裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられており、日本の相続とは大きく異なります。資産を守り、円滑な相続をするためには、専門知識を持つ弁護士に依頼し、リビングトラスト・遺言書・財産及び医療行為に関する委任状から構成されるエステートプランを作成し、家族が困らないようにしておくことがとても大切です。弊社の弁護士は、これまで1000件以上のエステートプランを作成した幅広い知識と経験を持っております。リーズナブルな定額プランをご用意していますのでお気軽に日本語でお問合せください。
    顧客の皆様のそれぞれのご事情に寄り添った丁寧なサービスを提供しています。

    契約書作成・ビジネス上のトラブル(不動産・雇用法・会社法)

    カリフォルニア州では、例え遺言書を残していても、故人の資産が一定額を超える場合、裁判所が介入する検認手続き(プロベート)という高額で長期に渡る手続きが義務付けられていその他の専門エリア

    o 不動産関連法
    o ビジネス
    o 会社法
    o 雇用法
    o 民事訴訟全般
    o Notary(公証)サービス: サイン証明・居住証明・日本の相続及び年金関連の書類等にも即日又は週末も対応。FedExによる日本への郵送代行可。

    弁護士・パラリーガル・公証人(Notary Public)に日本語・中国語・スペイン語でご相談頂けます。

    *Paralegals and Notary cannot provide legal advice/パラリーガル及び公証人が法的アドバイスをすることは州法で禁じられています*