「金融・保険 」を表示中

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年09月16日(月)

    アメリカの保険の事なら『insurance 110(ワンテン)』へ何でもお問い合わせ下さい!

    アメリカの保険の事に困ったら、ミツワトーランス店内にある、くらべて選べる来店型ほけんショップ『insurance110』へお気軽にお越しください。

    日本の保険にも熟知したスタッフが、日米の保険を比較しながら、日本語で丁寧にご説明させて頂きます。
    保険料を少しでも抑えたい、今入っている保険が本当に最適か見直しをしたい、このような方は是非お気軽にお問い合わせ下さい。

    また、アメリカの保険は日本と比較するととても魅力的な商品が多く
    日本にいつか帰国を予定されている方でも、アメリカにいる間にご加入される方が多数いらっしゃいます。
    保険は自分には必要ないかな?・・とお考えの方も、ここアメリカでは保険を“貯蓄を増やす金融商品”として利用する方がメインです。
    ぜひ一度『アメリカの保険』を知るチャンスとして当店をご利用ください。



    □■ミツワトーランス店・取扱保険□■□
    ・生命保険
    ・個人年金
    ・学資の積立
    ・海外旅行保険
    ・健康保険
    ・グループ保険
    ・メディケア
    ・介護保険


    □■□知って得するアメリカの保険□■□

    日本・アメリカに限らず、銀行に眠っているお金は何年たってもほぼ増えません。
    かといって絶対に損はしたくないから銀行に寝かせたままにしている。こういった方が多いのではないのでしょうか?

    ご存知ですか?お金を寝かせる場所を『アメリカの保険』にすることで、その資金を“増やす”事ができます。

    この『アメリカの保険』についてご存知ない方が多く、日本に帰国後、外貨建ての積立保険を勧められ後悔される方が多々いらっしゃいます。
    また逆に、既にご存知の方の中には、日本の銀行に寝かせているお金をドルに変え、貯蓄を『アメリカの保険』に移動される方もいらっしゃいます。


    ・お子様の将来に学資の積立てをされたい方
    ・ご自身の老後にむけた貯蓄をお考えの方
    ・日本へご帰国・帰任が決まられた方

    このような方は是非一度、帰国前に当店へお問い合わせ下さい。
    VISAでアメリカにご滞在の方も加入できる保険があります。

    日本にご帰国後は加入できなくなってしまいますので、ご滞在中の今がチャンスです。



    □■ ミツワトーランス店 ■□
    TEL:310-855-3522
    住所:(ミツワトーランス店内)21515 Western Ave, Suite106 Torrance, CA 90501
    ※お電話も日本語で応対させて頂いております。



    □■□■ insurance 110 全店舗 ■□■□

    □カリフォルニア州
    ■ミツワトーランス店(TEL:310-855-3522)
     21515 Western Ave, Suite106 Torrance, CA 90501

    ■ミツワコスタメサ店(TEL:714-435-8809)
      665 Paularino Ave STE 113, Costa Mesa, CA 92626

    ■ミツワサンノゼ店(TEL:408-318-9035)
      675 Saratoga Ave STE 116, San Jose, CA 95129


    □ワシントン州
    ■シアトルオフィス(TEL:206-755-5585)
      16000 Bothell-Everett Hwy Suite 162 Mill Creek, WA 98012


    □オレゴン州
    ■ポートランドオフィス(TEL:503-443-1780)
      10700 SW Beaverton Hillsdale Hwy #200 Room #12 Beaverton, OR 97005


    □ハワイ州
    ■アラモアナオフィス(TEL:808-892-4672)
      1585 Kapiolani Blvd, STE 1528,Honolulu HI 96814
    (Ala Moana Pacific Center 内)


    □イリノイ州
    ■ミツワシカゴ店(TEL:224-875-7547)
      100 E Algonquin Rd STE 153, Arlington Heights, IL 60005


    □ミシガン州
    ■ノバイオフィス(TEL:248-374-5070)
      39555 Orchard Hill Place STE 600, Novi MI 48375


    □テキサス州
    ■ダラスオフィス(TEL:972-715-2043)
      15305 Dallas Parkway STE 300, Addison, TX 75001


    詳しい情報・来店のご予約等はホームページからも可能です。

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年09月16日(月)

    アメリカの保険の事なら『insurance 110(ワンテン)』へ何でもお問い合わせ下さい!

    アメリカの保険の事に困ったら、ミツワコスタメサ店内にある、くらべて選べる来店型ほけんショップ『insurance110』へお気軽にお越しください。

    日本の保険にも熟知したスタッフが、日米の保険を比較しながら、日本語で丁寧にご説明させて頂きます。
    保険料を少しでも抑えたい、今入っている保険が本当に最適か見直しをしたい、このような方は是非お気軽にお問い合わせ下さい。

    また、アメリカの保険は日本と比較するととても魅力的な商品が多く
    日本にいつか帰国を予定されている方でも、アメリカにいる間にご加入される方が多数いらっしゃいます。
    保険は自分には必要ないかな?・・とお考えの方も、ここアメリカでは保険を“貯蓄を増やす金融商品”として利用する方がメインです。
    ぜひ一度『アメリカの保険』を知るチャンスとして当店をご利用ください。



    □■コスタメサ店・取扱保険□■□
    ・生命保険
    ・個人年金
    ・学資の積立
    ・海外旅行保険
    ・健康保険
    ・グループ保険
    ・メディケア
    ・介護保険


    □■□知って得するアメリカの保険□■□

    日本・アメリカに限らず、銀行に眠っているお金は何年たってもほぼ増えません。
    かといって絶対に損はしたくないから銀行に寝かせたままにしている。こういった方が多いのではないのでしょうか?

    ご存知ですか?お金を寝かせる場所を『アメリカの保険』にすることで、その資金を“増やす”事ができます。

    この『アメリカの保険』についてご存知ない方が多く、日本に帰国後、外貨建ての積立保険を勧められ後悔される方が多々いらっしゃいます。
    また逆に、既にご存知の方の中には、日本の銀行に寝かせているお金をドルに変え、貯蓄を『アメリカの保険』に移動される方もいらっしゃいます。


    ・お子様の将来に学資の積立てをされたい方
    ・ご自身の老後にむけた貯蓄をお考えの方
    ・日本へご帰国・帰任が決まられた方

    このような方は是非一度、帰国前に当店へお問い合わせ下さい。
    VISAでアメリカにご滞在の方も加入できる保険があります。

    日本にご帰国後は加入できなくなってしまいますので、ご滞在中の今がチャンスです。



    □■ ミツワコスタメサ店 ■□
    TEL:714-435-8809
    住所:(ミツワコスタメサ店内)2665 Paularino Ave STE 113, Costa Mesa, CA 92626
    ※お電話も日本語で応対させて頂いております。



    □■□■ insurance 110 全店舗 ■□■□

    □カリフォルニア州
    ■ミツワトーランス店(TEL:310-855-3522)
     21515 Western Ave, Suite106 Torrance, CA 90501

    ■ミツワコスタメサ店(TEL:714-435-8809)
      665 Paularino Ave STE 113, Costa Mesa, CA 92626

    ■ミツワサンノゼ店(TEL:408-318-9035)
      675 Saratoga Ave STE 116, San Jose, CA 95129


    □ワシントン州
    ■シアトルオフィス(TEL:206-755-5585)
      16000 Bothell-Everett Hwy Suite 162 Mill Creek, WA 98012


    □オレゴン州
    ■ポートランドオフィス(TEL:503-443-1780)
      10700 SW Beaverton Hillsdale Hwy #200 Room #12 Beaverton, OR 97005


    □ハワイ州
    ■アラモアナオフィス(TEL:808-892-4672)
      1585 Kapiolani Blvd, STE 1528,Honolulu HI 96814
    (Ala Moana Pacific Center 内)


    □イリノイ州
    ■ミツワシカゴ店(TEL:224-875-7547)
      100 E Algonquin Rd STE 153, Arlington Heights, IL 60005


    □ミシガン州
    ■ノバイオフィス(TEL:248-374-5070)
      39555 Orchard Hill Place STE 600, Novi MI 48375


    □テキサス州
    ■ダラスオフィス(TEL:972-715-2043)
      15305 Dallas Parkway STE 300, Addison, TX 75001


    詳しい情報・来店のご予約等はホームページからも可能です。

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年09月16日(月)

    ご帰国前に、貯めた米ドルで貯蓄を増やそう!

    ご存知ですか?貯蓄を増やす『アメリカの保険』。いつかご帰国予定の方は、在米中の今が効率的な貯蓄を始められるチャンスです。
    ここアメリカでは『保険』がその高い利率から、日本の保険のイメージとは異なり、金融商品の一つとして認知されています。お子様の学資や、将来に向けて貯蓄を増やす、また老後の個人年金などいろいろな目的でご利用頂けます。
    日本に帰国後「帰国・転勤前に聞きたかった・・・」と後悔される方が多々いらっしゃいます。


    <例:寝かせるだけで増えるアメリカの保険>

    ❏$30,000を30年寝かせた場合→受取額$80,488
     →約$50,000も増える!
    ❏$40,000を20年寝かせた場合→受取額$77,207
     →約$37,000も増える!
    ❏$50,000を10年寝かせた場合→受取額$69,465
    →約$20,000も増える!


    <終身年金としても受取れる>
    受取時が60歳以上の場合は、分割受取を選ぶことができ、終身年金として一生涯受け取ることも可能です。
    年々上がる平均寿命に反して、不安になっていく公的年金、個人での老後資金の準備が必ず必要になってくる時代です。


    <この様な方にオススメです>
    ・在米中に貯めたドルをご帰国前にどうしようか迷われている方
    ・お子様の学資の積立をお考えの方
    ・ご自身の老後の個人年金をお考えの方
    ・日本へ帰国後、貯蓄型保険をお考えの方(日本の貯蓄型保険は今消滅の危機です)

    ご帰国が既にお決まりの方は、お早めにご相談下さい。


    <弊社insurance110について>
    弊社『insurance 110』は全米に9拠点の来店型店舗を持つ保険代理店です。日本の保険にも熟知したスタッフが、アメリカに数多くある大手保険会社(40社以上の取扱保険会社)の中から、皆様のご要望にそった保険を日本語でご紹介させて頂いています。2012年サービス開始以降、ご相談件数は20,000件を超えました。できるだけ多くの在米中の皆様に『アメリカの保険』の魅力を知って頂きたいという理念を元に、店舗の無い州にお住まいの方へも、メール・お電話・Skypeなどでご相談を承っております。お気軽にご相談下さい。
    ・各拠点詳細はこちら→https://insurance110usa.com/shopinfo.html
    ★メール・お電話すべて日本語でご対応!

    <詳しくはウェブサイトへ>
    https://insurance110usa.com/kikokumae.html

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年09月16日(月)

    お子様の大学進学の為の学資積立をお考えなら、『アメリカの積立型保険』がお勧め!

    お子様が大きくなって大学進学を決めた時に、
    どのくらいの教育資金が必要かご存知ですか?

    まず、日本の大学に行くか、アメリカの大学に行くか、
    州内か州外の大学かによって学費も大きく変わってきます。

    日本の大学4年間の授業料が約243万円(2017年度)で、アメリカ州内の大学はその約2~2.5倍。
    州外であれば5~7倍の授業料になります。
    授業料は国の財政状況の悪化によっても変わり、10年前から約2倍も値上がりしている大学もあります。
    もちろん、授業料以外にもかかる費用があるので、早めの準備が必要になります。

    お子様はまだ小さいけど、将来の大学進学の為に今から少しづつ効率的に貯めていこうと
    お考えの親御様にアメリカで始める学資積立のご紹介です。


    =======================
    ■アメリカの積立型保険■
    =======================
    『保証』『貯蓄』の両方を兼ね揃えており、
    保険なので死亡保険もついてきます。

    【アメリカの積立保険のメリット】
    ★保険料が安い
     ~日本の保険(同じ保証内容)と比較すると、保険料は日本の約半分!~
    ★積立利率が高い
     ~日本の保険、日米の銀行の定期預金の利率と比較しても非常に高い積立利率~
    ★帰国後も継続可能
     ~ご加入は在米中のみですが、日本へ帰国後でもご契約は継続でき、保険金などの受け取りも可能!~

    (例)≪日米学資積立プランの比較≫
    ①日本の学資保険 (加入者/お子様…35歳/0歳) 
    ≪※2017年4月の利率改定後の大手外資系A社の学資保険≫
    ■保険料:約4.6万円/月(約4.6万円x12ヶ月x10年間)
    ・積立総額:約551万円(45歳/10歳)⇒約540万円(4年間総受取(53歳/18歳)
    ----------------------------------------
     金利;-11万円(98.0%)元本割れ!

    ②アメリカ学費積立 (加入者/お子様…35歳/0歳) 
    ≪※死亡保証付き≫
    ■保険料:$300/月($300x12ヶ月x10年間)
    ・積立総額 $36,000 (45歳/10歳)⇒約$50,500(一括受取)(53歳/18歳)
    ---------------------------------------
     金利:約$14,500(約140%)

    プランは、ご加入者の年齢、健康状態、喫煙の有無、月々のご予算、目標積立期間などにより異なりますが、
    お客様の効率的な積立の為に、ご希望に沿った保険会社のプランをご紹介いたします。

    ≪アメリカの積立保険についてのご質問などがございましたら、お気軽にご相談下さい≫
    お問い合わせはお近くの店舗へお電話、「メッセージを送る」、WEBからどうぞ。
    ※店舗のない州のお客さまも、メール・お電話でご相談を承っております。

    店舗リスト↓
    https://insurance110usa.com/shopinfo.html

    • ご紹介いろいろ / 金融・保険
    • 2019年08月26日(月)

    日本語での保険をお探しですか?

    私、北嶋弾とチームメンバーがお手伝いさせていただきます!

    では、なぜ私たちがお客様に選ばれると思いますか?

    お客様に選ばれる3つの理由をご紹介致します!

    1.とても簡単に保険にご加入いただけます!
    ★お見積もりから、お申し込み、お支払い、保険の証拠の発行まで全てのお手続きがお電話でその日のうちに可能です。

    2.様々な保険に対応しています!
    ★自動車保険の他にも住宅保険、生命保険、ビジネス保険を扱っております。全ての保険を我々におまかせください!

    3.最良のカスタマーサービスを提供しています!
    ★私どもの保険にご加入頂いたお客様にはすべてのサービスを日本語でサポートさせていただきます!安心してお任せください!
    とても簡単に保険をスタート出来ますので、ぜひ一度お電話、またはクリックしてみてください!お問い合わせお待ちしております!

    とても簡単に保険をスタート出来ますので、ぜひ一度お電話、または「メッセージを送る」よりお気軽にご連絡下さい!お問い合わせお待ちしております!

    • 知って得する / 金融・保険
    • 2019年08月20日(火)

    ご存知ですか?親御様必見!【米国の子育て費用事情】

    お子様をお持ちのご家庭やこれからお子様が欲しいとご予定の親御様へ。
    最新の米国の子育て費用事情はご存知ですか?

    米農務省の調査によると、
    米国で17歳までの子育てにかかる費用は推定で約23万ドル(約2600万円)に及びます。

    私大学費は年400万円と依然と高い数字ですが、実は大学費用並みに高いのが、
    日本の保育園や幼稚園にあたるデイケアやプリスクールにかかる子育て費用です。

    米国で子育てをする親御様!
    教育費用の準備のご予定はもうお考えですか?

    弊社LPL Financial では、学資保険などお金と賢く付き合う方法をアドバイスしております。
    お気軽にご相談ください!

    [米国の子育て費用事情]の詳細は下記リンクよりご参考ください。(NIKKEI STYLE)

    • ご紹介いろいろ / 金融・保険
    • 2019年08月20日(火)

    リタイヤメントプラン -プランスポンサーとしてのリスクとは?

    EBRI(Employee Benefit Research Institute)/ICI(Investment Company Institute)のデータベースによると、2014年12月31日現在、
    雇用主がスポンサーする401kのプラン数は81,139件、プラン加入者は2,490万人、その資産額は1.9兆ドルであるという。

    この401kプランが始まったのは、401(k)の項目が入った1978年の歳入法が議会を通過したときである。
    これにより、雇用者は給料の一部を直接現金払いではなく課税が繰延される繰延給与として受け取ることが出来るようになった(例えば、ボーナス、自社株購入権、など)。
    この法は1980年1月1日に実施された。
    その後1981年、IRSは雇用者が給与からの控除で401kのプランに積み立てすることを認める規定を定めたため、401kの導入が増えていったのである。

    2017年9月30日現在でアメリカのリタイヤメント資産は総額27.2兆ドルで、これは2017年の6月末から2.3%上昇した。
    また、2017年9月末におけるアメリカの個人金融資産の全総額の35%をリタイヤメント資産が占めた。
    (Investment Company Institute, Dec.20, 2017)

    様々なリタイヤメントプランの中で401kが急速に成長するにはいくつかの理由がある。

    ビジネス利益(雇用主の利益)
    •雇用主の拠出金は課税控除である
    •プランにある資産は非課税で増える可能性がある
    •フレキシブルなプランの選択肢がある
    •税額控除やコストをおさえるプランを始められるという誘因
    •リタイヤメントプランの提供で優秀な雇用者を惹きつけ維持できることになり、それは新しい雇用者を雇ってトレーニングするコストを減らすことにつながる

    リタイヤメントプランに参加している雇用者は、全体的に高い経済的安定性を感じストレスが少ないということが研究でわかった。
    (2017 Center for Social Development Working Papers No.17-23)

    【雇用者の利益】
    1.簡単に始められる-401kを始めるためのプラン加入ミーティングにいつ参加できるか雇用主にチェックすること。
    2.あなたの401kに雇用主のマッチング拠出が得られるオプションがあるなら、あなたが拠出すれば口座に雇用主からの資金も得られることになる。
    3.あなたの積み立て金は、課税控除である。
    4.口座の増加分は課税繰り延べである-積み立て金は増加する可能性もあり、口座から資金を引き出すまでは税金はかからないのである。
    5.401kの口座にはIRAの口座よりもっと多くの積み立てができる。2018年において、IRAの口座への積み立て限度額は5,500ドル(50歳以上は6,500ドル)であるが、
    それに対して401kの口座への積み立て限度額は18,500ドル(50歳以上は24,500ドル)である。
    6.プランによっては、ローンや困ったときに口座からの引き出しを要請することも可能である。
    7.もし職場を変わる場合には口座の資金は現金で受け取るか、あるいは、そのまま前の職場のプランに残したり(そのプランが許可している場合)、また別の401kやIRAの口座に移すことも可能である。

    考えられうるリスク:
    最後に、これらの選択肢のポピュラリティーや恩恵にとは別に、法的責任(法律で知られるところの最高の義務)を果たすために従うべき重要な規則やガイドラインもある。

    プランスポンサーは、それらの規則やガイドラインを知らないが故にそのようなリスクにさらされないよう対策を取るべきである。
    なぜなら、1974年のERISAのもとに設立された雇用者の恩恵になるプランを運営する際に適用される法的規則は複雑なので、
    プランスポンサーにとって会社にとっての利益と雇用者に対する義務をバランス良く成し遂げることは特に難しいからである。


    Our Team:

    当社は、退職後の計画に関するサービス・コンサルテーションをご提供するとともに、プランスポンサーが法的リスクを受けないよう現行のプランの評価と見直しのお手伝いもいたします。

    This information was developed as a general guide to educate plan sponsors, but is not intended as authoritative guidance or tax or legal advice.
    Each plan has unique requirements, and you should consult your attorney or tax advisor for guidance on your specific situation.
    In no way does advisor assure that, by using the information provided, plan sponsor will be in compliance with ERISA regulations.

    Details regarding a specific retirement plan’s provisions can be found in that plan’s Summary Plan Description.

    ----------------------------------------------------

    羽鳥美保 LPL Financial Advisor
    CA Insurance #0F51975
    English/Japanese bilingual
    More than 10 years of experience
    BA / Economics at UCLA
    www.assetplanandprotect.com
    tel (949)877-3505
    Email: teamhatori@lpl.com
    Securities and advisory services offered through LPL Financial, a registered investment advisor, Member FINRA(www.finra.org) /SIPC(www.sipc.org) .
    LPL Financial Representatives offer access to Trust Services through The Private Trust Company N.A., an affiliate of LPL Financial.

    Miho Hatori is registered to do business in the following states: CA, NJ, HI, and AZ.

    • お困りですか?? / 金融・保険
    • 2019年08月20日(火)

    資産運用は順調ですか?上半期のレポートを見直してみませんか?

    資産配分は適切か?
    期待された効果は得られているかなどを考慮しお客様の状況に合わせて適切なアドバイスを致します。

    私たちファイナンシャルアドバイザーは、変動の激しい金融市場を見据え、資産の運用方法や、保険、リタイアメントプランなどを日々研究している「お金のエキスパート」です。
    お客様の思い描くライフプランを叶えるために、最適な金融商品や資産の運用方法を、専門家としての豊富な知識と経験によりアドバイスさせて頂きます。


    ☆★☆★☆法人・経営者様 (S corp/C corp/LLC/Sole Proprietor) 向け☆★☆★☆

    •リタイヤメントプラン – 401(k)、403(b)、SEP IRA、SIMPLE IRA、Solo 401(k)、確定給付制、利益分配制。
    (スタートアッププランおよび加入済みプランの見直し)。


    ★☆★☆★個人様向け★☆★☆★

    ・リタイヤメントプランニング (IRA、Roth IRA)
    ・401K 運用オプション /401K ロールオーバー
    ・年金 (Annuity)
    ・生命保険/介護保険
    ・相続税
    ・贈与税対策/トラスト(信託)
    ・パーソナルファイナンシャルプランニング、など


    *動画もぜひご覧ください。お問い合わせはお電話・メールにてお気軽にご連絡ください。

  • 1/1
  • 1